トップページ > IR情報 > ディスクロージャーポリシー

ディスクロージャーポリシー

IR活動の目的と基本姿勢

当社は、株主・投資家・アナリストの皆様に当社の価値を正当に評価していただくことをIR活動の目的としています。そのために、IR活動にあたっては、常に誠意を持った対応を心がけ、当社の経営方針、事業戦略や財務状況等に関する情報をわかりやすく、公平かつ適時・正確に提供することを基本姿勢としています。

ディスクロージャーポリシーの社内徹底

当社は、このポリシーを社内全体に浸透させ、徹底させてまいります。投資家・株主の方からのお問合せにつきましては、全てIR担当部門の企画広報室が対応いたします。これは、当社および社員を金融商品取引法を含む法的責任から保護することを目的としています。

ディスクロージャーの基準

当社は、金融商品取引法および東京証券取引所の定める「上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則」(以下「開示規則」という)に沿って、情報開示を行っています。
また、当社では、開示規則に該当しない情報につきましても、投資家の皆様の理解を助けると判断した情報は、適切な方法により、積極的かつ公平に開示していく方針であります。

情報の開示方法

開示規則に該当する情報の開示は、同規則に従い、東京証券取引所への事前説明の後、適時開示情報システム(TDnet)にて公開しています。 TDnetにて公開した情報は、当ホームページに速やかに掲載することとしています。 なお、PDFファイルその他ツールの準備の都合上、これら情報の本ホームページへの掲載が、TDnetにおける公開時期より大きく遅れることもあります。
また、開示規則に該当しない情報を開示するに当たっても、適時開示の趣旨を踏まえて適切な方法により、できるだけ正確かつ公平に当該情報が一般の投資家に伝達されるよう配慮を行っております。
従って、当社の開示情報の確認をされたい場合には、当社ホームページと共にTDnet等他の情報も合わせて参照するようにしてください。

業績予想および将来の見通しについて

当社は、各四半期および通期ごとの詳細な業績の開示を行うことにより、皆様の便宜を図ることを心がけてまいります。業績予想および将来の予測につきましては、出来る限り予測精度を高めることに努力すると共に、見通しの変化が生じた場合には速やかに開示いたします。しかしながら、これらの情報につきましては、その時点で入手可能な情報に基づいた当社の仮定および判断を前提とする予想であり、その内容を保証するものではありません。
アナリストや情報紙等の第三者による業績予測については、予測された方々のお考えによるものであるため、当社は一切言及いたしません。

沈黙期間について

当社は、決算情報等の株価に影響を与える情報の漏洩を未然に防止するため、決算期日の翌日から決算発表日までを「沈黙期間」としています。この期間中は、決算内容、事業の業績や見通し、あるいは予測について、特定の株主・投資家またはマスコミなどの媒体に対して言及することを控えさせていただきます。
個別ミーティング、アナリスト説明会、個人株主向け説明会などの開催についても控えさせていただきます。ただし、沈黙期間中に既に発表した業績予想を大きく外れる見込みが出てきた場合には、適時、情報開示を行ないます。決算発表日等は、当社ホームページの「IRカレンダー」をご参照ください。