マテリアリティMATERIALITY

マテリアリティ特定プロセス

STEP1 社会課題・重要課題の抽出

国連が2015年に採択した「SDGs」や「ISO26000」などの国際的なガイドラインと、2021年6月に改訂されたコーポレートガバナンス・コードの補充原則2-3①を参照し、サステナビリティ課題を含む当社における社会課題・重要課題を抽出しました。

STEP2 課題の重要度を評価し、マテリアリティマップにマッピング

抽出した社会課題・重要課題の重要度をステークホルダー視点と当社視点で重要度を評価し、マテリアリティマップにマッピングしました。マテリアリティマップにおける、「ステークホルダーにとって重要」「当社にとって重要」の課題を取締役会で審議した結果、当社におけるマテリアリティ(重要課題)として選定しました。

マテリアリティマップ

STEP3 マテリアリティに対する取り組み

特定したマテリアリティを以下の4つの取り組みに整理しました。

ダイバーシティ&インクルージョンの推進

主な取り組み

女性、障がい者、LGBT、シニア等の活躍推進

従業員の成長(キャリアパス)

健康経営への取り組み

主な取り組み

従業員の健康

ワーク・ライフ・バランス

DX時代の技術対応

主な取り組み

従業員の成長(DX等新技術対応)

高品質システムの提供 → PM育成カリキュラムの推進

安心、安全、豊かな暮らしへの取り組み

主な取り組み

高品質システムの提供 → PRM活動の強化

情報セキュリティ、個人情報保護

自然災害対策(BCP)

気候変動リスク対応 → 環境負荷低減(省エネの推進)

TOP