気候変動リスクに関する開示DISCLOSURE ON CLIMATE CHANGE RISKS

当社の気候変動リスクへの取り組みは以下の通りです。「気候関連財務情報開示タスクフォース(以下「TCFD」)」による提言に基づき、シナリオ分析やサプライチェーンにおける温室効果ガスの排出量と関連リスクの把握を進めてまいります。また、気候変動リスクに関するガバナンスを強化するとともに、リスクと機会の分析に基づく戦略・目標を策定し、その財務的な影響についての情報開示にも努めてまいります。

ガバナンス

代表取締役社長を委員長とする「サステナビリティ推進委員会」を設置しています。サステナビリティ推進委員会は、本社部門・事業部門の責任者を主なメンバーとして構成されており、当社におけるサステナビリティ課題に関して取締役会・経営会議等にて報告・共有をしております。サステナビリティ推進委員会にて、気候変動関連課題に関するリスクと機会の検討、指標と目標の設定や進捗状況の管理を実施してまいります。

戦略

当社の主力事業である情報サービス産業は、環境負荷の高い設備や活動を必要としない業種であり、これを前提として当社が認識している気候変動における事業の「リスクと機会」については以下の通りです。

リスク

・移行リスク :炭素税や温室効果ガスの排出規制等の関連規制の導入による事業コストの増加や、規制等に適合できないことによる企業レピュテーションの低下

・物理的リスク:気候変動を起因とした大規模な自然災害による業務運営への影響や当社の施設等の損壊

機会

・環境負荷の高い業種からの気候変動リスクを低減するシステム開発の受注機会

リスク管理

サステナビリティ推進委員会にて、気候変動リスクの事業への影響を収集分析するとともに、気候変動の影響で大規模化する自然災害リスクに対する脆弱性を評価し、事業継続の観点から必要な対策を実施してまいります。

指標と目標

温室効果ガス排出量

カテゴリ 2021年度 CO2排出量
スコープ1+2 ※1 6,200トン (当社単体でのCO2排出量)
今後、グループ全体でのデータの収集と削減目標の設定を検討致します
スコープ3 ※2 サプライチェーンを含め、今後データの収集と目標の設定を検討致します

※1 スコープ1+2:自社による温室効果ガスの直接排出量と、他社から供給された電気、熱・蒸気などの使用に伴う間接排出量の合計

※2 スコープ3 :スコープ1、スコープ2以外の間接排出量(自社の活動に関連するサプライチェーン全体の排出)

TOP